Acer Nitro 5 2018レビュー– Acer Nitro 5シリーズのラップトップは数年前から生産されており、ある時点ですでに代表的なレビューがありました。範囲自体は広大です。現在、約25の異なる構成のみが販売されており、価格が大幅に異なり、IntelとAMDの両方である可能性があります。Intelの構成が戻ってきましたが、第7世代ではなく、第8世代です。何が変わったのか、そして現在のAcer Nitro5が何ができるのか見てみましょう。

 

それは何ですか?

Acer Nitro 5は、第8世代モバイルIntel Core Coffee Lake-H 6コアプロセッサ、16 GBのRAM、およびNVIDIA GeForce GTX 1050Tiディスクリートグラフィックスを搭載した15.6インチIPSゲーミングラップトップです。

 

なぜこれが面白いのですか?

全体として、新しいAcer Nitro5は以前のセットアップと大幅な違いはありません。ほとんどの変更は、プロセッサとラップトップの外観に加えられました。第7世代IntelCoreの代わりに、現在の第8世代モデルがインストールされています。この場合は6コアIntel Core i7-8750H(クロック周波数2.2 – 4.1 GHz)です。ケースはまだプラスチック製ですが、見た目が多少変わっていますので、以下で説明します。それ以外の場合は、驚くことではありません。FullHD解像度、60Hzのリフレッシュレート、マット仕上げの15.6インチIPSディスプレイ。

グラフィックアクセラレータ– 4GBのGDDR5ビデオメモリを搭載したNVIDIAGeForce GTX 1050Ti。RAMの容量は16GB DDR4で、M.2 SSDがドライブとしてインストールされていますが、SATAIIIインターフェイスを備えています。同じAcerCoolboost COを放電で冷却するために、ハードディスクを取り付けることも可能です。キーボードは赤でバックライト付きです。

 

箱の中は何ですか?

ラップトップは、モデル名が記載された大きな黒い段ボール箱に入っています。ラップトップ、電源、電源ケーブル、およびドキュメントに加えて、ボックスには、追加のドライブと(!)ドライバー付きのディスクを取り付けるためのネジが含まれています。ラップトップに光学ドライブがないことを考えると、少し奇妙に聞こえます。

 

それはどのように見え、正しく組み立てられていますか?

ラップトップ本体全体はまだプラスチックであり、同じ黒と赤のパレットが使用されています。しかし、彼らはデザインを少し変更することにしました。そして、これらの変更は有益でした。以前はトップカバーが「磨かれた金属」の外観で装飾されていましたが、現在はカーボンファイバーのように見えます。それは面白そうに聞こえます、そして実用的な観点から、それはより成功しています:指紋はそのような表面であまり見えません。トップカバーの真ん中には黒いエイサーのロゴがあります。作業面にも「カーボン」パターンが施されています。しかし、この場合、これは単なる図面であり、表面自体は滑らかです。

コネクタの数と場所は変更されていません。左側には、ケンジントンロック、ギガビットイーサネット、HDMI、USB 3.1 Type C(Gen 1)、USB 3.0、およびSDカードリーダー用のスロットがあります。

右側には、コンボオーディオジャック、2つのUSB 2.0、LEDインジケーター、および電源を接続するためのジャックがあります。

前面はくさび形で、2つのスピーカーのグリルが下から見え、機能的な要素はもうありません。

後部には大きな装飾的な対称的な「タービン」がありますが、熱風は左半分だけに吹き付けられます。いずれにせよ、熱気が戻ってくるので、ユーザーに迷惑をかけることはありません。

ラップトップの安定性のために、底部には4つの大きなゴム製の脚があります。冷却システムには、冷気を取り入れるための多数の穴があります。一般的に、レイアウトは以前のNito 5と同様です。ネジが豊富なため、下部カバー自体を取り外すのは非常に面倒です。ただし、追加のストレージとRAMにすばやくアクセスするための小さなカバーがあり、それぞれネジで固定されています。

保証を失うリスクを冒すことなく、これらのコンポーネントを自分でアップグレードできます。ただし、ドライブがプリインストールされていると、事態はさらに悪化します。アクセスして交換するには、下部カバー全体を取り外す必要があります。そして、私たちの構成では、SATAIIIインターフェイスを備えたM.2 SSDを思い出しますが、PCIeはありません(サポートされていますが)。

画面の上には、2つのマイクとアクティビティインジケーターを備えたWebカメラがあります。画面のセキュリティを強化するために、トップカバーの周囲にゴム引きインサートがあります。

画面の下にはAcerのロゴがあり、赤いヒンジにはNitro5が刻印されています。

最も高価な素材ではありませんが、ラップトップは安くは見えません。それはよく組み立てられており、どこにもひび割れがなく、部品がうまく組み合わされています。そのクラスに適した遊びのスタイルで、それはとてもよく見えます。

 

使い勝手はいいですか?

デザインの特徴に関しては、前任者との違いはありません。ヒンジは約145°開くことができ、画面は目的の位置にしっかりと固定されています。作業面はプラスチック製で、カーボンファイバーパターンが施されています。印象は残っており、それほど印象的ではありません。キーボードは小さなくぼみに配置されており、特にゲームの場合、レイアウトは一般的に快適です。

追加のデジタルブロックがあり、メインブロックの近くにあります。これは、矢印ブロックの最も実用的な実装にはつながりませんでした。メインブロックから分離されているわけではなく、上矢印のため、右オフセットをわずかにカットする必要がありました。電源ボタンは、ボタンの一番上の行の最後にあります。します

キーボードのバックライトは赤で、WASDボタンも強調表示されています。キリル文字を含むボタン上のすべての記号がよく強調表示されています。キーボードに触れないと、バックライトは自動的にオフになります。ボタン自体は、1.6mmの移動量、標準サイズ、ボタン間の間隔が目立ちます。キーボードの使用は便利です。

タッチパッドには赤い境界線があり、ゲームモデルの場合のように個別のボタンはありません。中くらいの大きさで感度も良いです。かなり使い勝手が良いです。それにもかかわらず、明らかな理由から、マウスは通常ゲーム用ラップトップに接続されています。

 

表示は良いですか?

このラップトップは、1920×1080の解像度とマット仕上げの15.3インチIPSディスプレイを備えています。リフレッシュレートは60Hzです。どうやら、前任者と同様のマトリックスがインストールされています。その結果、最大の視野角と優れたキャリブレーションが得られますが、色域は適度です。

比色計での測定結果はこれを裏付けています。すべての数値は、過去にNitro 5で見たものとほぼ同じです。ピーク輝度は250.984cd / m2、ブラックフィールド輝度は0.307 cd / m2、コントラスト比は818からでした。 1.1。

実質的に全範囲の色温度は、6500Kから7000Kの基準値の間で変動し、色誤差ΔEは0から10であり、色域はsRGBよりも大幅に低くなっています。遊びのモデルにとって、これは非常に許されます。

 

パフォーマンス、自律性、サウンドはどうですか?

14nmの6コアIntelCorei7-8750H第8世代CoffeeLakeプロセッサーを搭載した構成がレビューされました。クロック速度は2.2GHzで、ターボブーストモードでは最大4.1GHzです。12スレッドハイパースレッディングサポート、キャッシュ– 9MB、デザインパワー– 45W、統合グラフィックス–最大周波数1100MHzのUHDグラフィックス630。非常に強力なモバイルソリューション。

RAMの容量は、周波数2133MHzの16GBのDDR4です。ディスクリートグラフィックス– 4GBのGDDR5メモリを搭載したPascalGP106 16nmFinFETアーキテクチャ上のNVIDIAGeForce GTX1050Ti。ワイヤレスモジュール:WiFi 802.11ac2×2MIMOおよびBluetooth4.0、有線ギガビットイーサネット。

グラフィックステストでは、ラップトップは一般的に良好に機能しますが、OculusRiftまたはHTCViveでの作業に推奨される最小仕様のシステムにはわずかに達していません。プロセッサに焦点を当てたテストでは、結果ははるかに高くなります。

ディスクサブシステムは、SATAIIIインターフェイスを備えたM.2形式のMicron 1100SSDです。

私たちのテストでは、ドライブは典型的なSATAIII速度を示しています。宣言された最大530MB /秒の読み取りと書き込み– 440MB /秒(宣言された500MB /秒未満)。2つの理由で非常に物議を醸す決定。まず第一に、ラップトップはPCIeドライブをサポートしています。そして2番目–自己交換は下部カバー全体を取り外すことであり、おそらく保証の喪失につながります。追加および変更できるのは、追加の2.5インチドライブのみです。

Acer Coolboost冷却システムは、その役割を完全に果たします。最大連続負荷でも、ノイズは大きすぎず、干渉しません。同時に、プロセッサが66°を超えて加熱することはありません。もちろん、スロットルのヒントではありません。

ラップトップは最新のゲームをスムーズに処理します。すべてのゲームは、可能な限り最高のグラフィック設定でテストされています。Mass Effect Androimeda、Star Wars Battlefront、およびDestiny 2では、フレームレートは永続的に60 fpsを超えますが、それを下回ることはありません。より要求の厳しいシャドウオブザトゥームレイダーと、最大設定– 30〜40fpsの新しいApexLegendsの誇大宣伝。

グラフィックレベルを少し下げると、50〜60fpsを得ることができます。もう1つ、少し紛らわしいことがあります。スクリーンショットは、ビデオカードが完全に充電されている場合、プロセッサが完全に充電されていないことを示しています。少し控えめなプロセッサを搭載したバンドルでは、ゲームのパフォーマンスが大幅に低下することはなかったと思いますが、価格はもっと低かったでしょう。

ノートパソコンのサウンドについては、ドルビーオーディオプレミアム認定のステレオスピーカーが責任を負い、素晴らしいサウンドを実現します。ヘッドホンをすばやく接続する必要はありません。ボリュームのヘッドルームは悪くなく、品質はかなり良いです(これらがラップトップのスピーカーであると仮定して)。

Acer Nitro5バッテリーは変更されていません。4セルの3220mAhリチウムイオンバッテリーです。ゲームは約1時間でそれを「食い尽くし」、デスクトップモードではラップトップは約3.5時間動作します。プレインストールされたソフトウェアから、システムのステータスと温度を監視したり、冷却システムのパフォーマンスと動作モードを選択したりできるNitroSenseアプリがあります。

さらに、ユーティリティAcer Care Center(ラップトップの更新と一般設定)、Acer Poer Button(電源ボタン設定)、Acer Quick Access(CoolBoost、青いフィルター、ラップトップの場合のUSB充電による集中操作モードのクイック設定)があります。オフ。

 

乾燥残留物中

更新されたバージョンですでにおなじみのAcerNitro 5は、非常に楽しいゲーミングノートパソコンであることが判明しました。更新されたハードウェアに加えて、外部の変更は有益であり、ラップトップはプラスチック製であるにもかかわらず、非常に見栄えがよく、うまくまとめられているように見えます。一般に、パフォーマンスはGTX1050 Tiに基づくモデルと同様に、期待されるレベルです。ラップトップは特に問題なくすべての最新ゲームを「プル」し、冷却システムが成功するとAcer Nitro5が実行され続けます。安定して、過熱したり、大きな音を立てたりしません。

この特定の構成のコストは約37千UAHであり、類似または非常に類似した仕様の競合他社が多数あります。もう1つの質問は、GTX1050 Tiを使用すると、巨大なAcer Nitro 5の範囲を含め、よりバランスの取れた構成をより手頃な価格で見つけることができるということです。それほど快適ではない瞬間の中に(繰り返しますが、それはラインに関するものではありませんが、この構成)、遅いSSDドライブがあります。これは、それ自体で交換するのはそれほど簡単ではありません。

 

Acer Nitro 5 2018を購入する5つの理由:

最新のすべてのゲームに十分なパフォーマンス。

  • 効率的な冷却システム;
  • マット仕上げの高品質IPSディスプレイ。
  • ソリッドオーディオシステム;
  • 面白いデザイン。 

Acer Nitro 5 2018を購入しない2つの理由:

遅いSSDとその交換の特徴。

  • より良い価格でよりバランスの取れた構成があります。 

Acer Nitro 5

最新の第8世代IntelCore i7プロセッサー、16 GB RAM、4GBディスクリートnVidiaGeForce GTX1050 Tiグラフィックス、512 GB SSD、洗練されたスタイリッシュな外観を備えた強力なゲーミングノートパソコン。15.6インチFullHDIPSディスプレイを搭載。

Rozetka MOYO Allo Comfy

技術仕様AcerNitro 5 AN515-52-70VN(NH.Q3LEU.043)
表示 15.6インチ、1920×1080、IPS
寸法 390x266x26,75 mm
重量 2.7kg
オペレーティング・システム ウインドウズ10
CPU Intel Core i7-8750H、6キュア、12スレッド2,2-4,1 GHz(Coffee Lake、14 nm)
16GB 2133MHzDDR4メモリ
グラフィックアート nVidia GeForce GTX1050 Ti、4 GB GDDR5メモリ、IntelHDグラフィックス630
ストレージデバイス SSD M.2 SATAIII 512 Go、disque dur 1 To
コミュニケーション Wi-Fi 802.11 a / b / g / n / ac、2,4 et 5 GHz、2×2 MIMO Bluetooth 4.0
コネクタ USB Type-C 3.1、USB 3.0、2x USB 2.0、HDMI、SDカードリーダー、3.5mmオーディオジャック、RJ-45、ケンジントンロック
カメラ はい、HD
ドラム 3220 mAh、4セル