フィリップスシティスケープアップタウン(SHL5905)と渋谷(SHL5200)ヘッドフォン–フィリップスヘッドフォンはオーディオファンにあまり人気がありませんでしたが、役に立ちませんでした。同社には、ゼンハイザーやAKG(これは伝説的なSHP9000のみです)。

残念ながら、フィリップスは最近、従来のヘッドセット業界から徐々に離れ、携帯電話のヘッドセットに移行しています。今日は、CitiScapeラインの両方に属する2つのそのようなヘッドセット-アップタウンと渋谷を見ていきます。

伝統的に、電話用のヘッドセットは「イヤホン」または「プラグ」の形で作られています。しかし、私たちが注目しているフィリップスの製品は、比較的大型のオンイヤーヘッドホンです。アップタウンの場合はサーキュラーラル、渋谷の場合はスーパーオーラルです。これらのヘッドホンの比較特性は以下のとおりです。

パラメータの名前 フィリップスアップタウン フィリップス渋谷
音響設計 閉まっている 開いた
インピーダンス 32? 32?
感度 103 dBA 106 dBA
周波数範囲 12 Hz – 23.5 kHz 20 Hz – 20 kHz
重量 123グラム 176グラム